即日融資は身近になった

即日融資は身近になった

即日融資は、以前より随分身近になったと思います。やはり、直接窓口に行かなくてもネットなどのやりとりだけで借り入れができるようになったことが一番大きいのではないかと思います。

私も急ぎどうしてもまとまったお金が必要な時があり、いくつか見積もりや審査を受けさせてもらいました。スピード審査を受けると、だいたいどこの即日融資も同じような条件を提示してきました。収入の何%といった具合に、貸出し可能な総量が登録されているみたいで、借入可能金額や利率は同じでした。

急ぎでお金を借入する必要があったので、結局返済で最寄のコンビニが使えるところ、返済手数料が無料のところを選択し、借入するようにしました。

こちら



借り入れ後は、定期的に決められた期日までに、決められた金額以上の額を返済しなければならず、忘れないように手帳に書き留めて、返済するようにしています。他にも、カードローンなどからお金を借りたことがありますが、利率は同じような感じなのに、残額がなかなか減らないなというのが、即日融資への返済で思うことです。

よく、金額を確かめると最低返済金額の実に半分が利息で、元金の返済にはほとんど充てられていないなというのが、毎月のレシートを見ながら思う感想です。

こちら



計算の仕方が違うのかもしれませんが、よくわかりません。そんなこともあり、即日融資への返済は早く済ませたいし、できるだけ借りたくないなと思います。そうは言ってもこれだけ身近で簡単に借りられるので、いざという時はお世話になるかもしれません。

即日融資のブラックリスト

よく「即日融資」や「キャッシング」には「ブラックリスト」と呼ばれるリストがあり、「ブラックリスト」に載ってしまうと新規の融資を受けられなくなってしまうなどの噂を聞くことがあります。

こちら



では、この「ブラックリスト」と呼ばれるリストは本当に存在するのでしょうか。

実のところ、「ブラックリスト」と呼ばれるリストは存在しません。

ただし、「ブラックリスト」と同じ役割を担っている情報は存在します。

どのような借入でも、申込みを行うと必ず業者が「審査」を行います。

業者の「審査」を通れば融資を受けることができますが、「審査」を通らなければ融資を受けることはできません。

業者は「審査」の際に、「信用情報機関」のデータベースへアクセスして、申込人の借入状況や返済状況についての情報を入手します。

こちら



「信用情報機関」のデータベースには、他社での借入やその返済状況などの情報が入っている為、万が一他の業者から借入がある場合や、返済が滞っている場合などは簡単にわかる仕組みになっています。

当然ですが、そういった多重債務者や返済遅延者は「審査」に通らないこともあります。

「ブラックリスト」というリストは存在しませんが、同様の役割を「信用情報機関」が担っていると言えます。

「ブラックリスト」に載らなければ融資を受けられると考えている場合は、考えを改める必要があるでしょう。


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>