運転していてガソリンスタンドについて思うこと

運転していてガソリンスタンドについて思うこと

ガソリンスタンドって料金が一番重要だけど止めやすさも関係あると思う。ガソリンスタンドが狭いと入れにくいし、出にくい。

また、交通量が少ないガソリンスタンドが、個人的には好きです。ガソリンスタンドから外に出るときにどちらの方向にも交通量が少なければ出やすいですし気持ち的にとても楽です。

交通量が多いところのガソリンスタンドは出るときに大変だし、またガソリンスタンドで給油が終わって後ろに車が続いている時などは特に焦ってしまいます。私は比較的交通量が少なく、なおかつ価格の安いガソリンスタンドで入れるようにしています。

そして、ガソリンスタンドは絶対に行きつけのところ決めて会員になったほうが良いです。

こちら



だいたい二円くらい安くなることが多いです。積み重ねで年間でだいぶ変わってくるので大事なことだと思います。

運転してる人ならこのガソリンの1円2円の差をとても感じているはずです。

実際、安いところのガソリンスタンドは車がいつでも入っています。逆にちょっと高めの設定の料金のガソリンスタンドは店員が暇そうに立っていたりします。それとガソリンスタンドで最近思うことはセルフのガソリンスタンドなのに数人雇っているところが、とても不思議です。給油はお客さんがやるので店員がやることといえば、空気圧のチェックをお願いされたり料金の精算をしたりなどがありますが、セルフは基本的に人をできるだけ少なくしてやった方が経営的にいいのになと思います。

こちら



最近は車を乗る若者が減ってきていて、さらに、ガソリンも高くなって車の乗る人の全体の人数が減る一方だなと思います。

各自動車メーカーは早急にガソリンに頼らないエコな車をたくさん出してそっちの車がスタンダードになるような車社会が実現すればもっと車を乗る人は増えるのではないかと思います。今後どのようなエコカーが出るかは分かりませんが、、早くしないと石油大国の情勢の不安定さが日本にもそういった面で影響を受けてしまうかもしれないので何かガソリンにかわる技術を開発して欲しいものです。

私の車売却体験談

以前、新しい車を購入するために乗っていた車を売却しました。もう10年くらい前の話です。

こちら



自動車ディーラーでの購入を決めていたので、当然のように下取りの提案をされたのですが、買取店の宣伝などもよく目にしていた為、買取価格を比べて売却しようと考えました。

有名買取店を何社かまわってみたのですが、その店舗によって審査はまちまちでした。

基本の数字は大体同じなのでしょうが、やはり儲けを多くとりたい会社もあるのだと感じました。

ディーラーの下取りよりも低い買取額を提示してきたお店も、結構ありました。

そう考えると面倒くさくない分、下取りも悪くないのではないかと思いました。

私が最終的に選んだところは、オークション形式で中古車販売をする買取店でした。

その車を欲しい人がいれば、必然的に値段も上がっていくし、パーツなども無駄にならなそうでした。

こちら



スタッフの方も「大体これくらいで落札されると思います。」という意見も頂けましたし、そこから少し低めに考えても十分ディーラーの下取りよりは高くなると思いました。

結果、うちの車は思っていたよりも高値で売却できました。

スタッフの方が言ってくれた額よりは少し低かったのですが、

それでも自分の予想は超えていたのでよかったです。

もしこれから売却を考えている方は、新しい車を購入されるお店で下取りをしてもらう前に、いろいろ調べたほうがよいです。

10年落ちとかならば話は別ですが、今でもたくさん走っているような人気車種でしたら、買取店次第で何万円もの差が出ますから...。


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>