廃車にした時の経験談

廃車にした時の経験談

廃車にした時の経験談をここでは紹介したいと思います。

私の車は初度登録から10年以上も経っていた車なので買い取ってくれるディーラーさんはいませんでした。しかも中古で傷もついていたので当然といえば当然かもしれません。下手したら引き取りにお金がかかってしまうケースもあるらしいですがそれはありませんでした。一応ダメ元で廃車の見積もりを出してみました。どういった情報が必要になるかというと車種や年式、走行距離、排気量、、車検、車の状態等が対象になってきます。私の車は走行距離はそれほど多くはなかったのですが、年式が古すぎたため、買い取ってくれませんでした。友達の話では、1万円近くお金を払って廃車してもらったという話も聞いた事があるので私の場合はただで引き取ってもらっただけよしとした方が良いのかもしれません。

こちら



初度登録から10年も経っていない車であれば買い取ってもらえるケースも多々あると思うのでいろいろな会社に無料の査定をお願いした方が良いと思います。決して、1社だけで決めるのではなく、複数の会社に依頼して比較してから決めるのが良いと思います。有名どころではガリバーが実績では一番の成績らしいです。

私は買取をしてもらったことがないのでガリバーに行くことはなかったのですが、ここで売る分には安く買い叩かれるという悪質な業者がやりそうなことは全然ないのでおすすめの買取業者と言えるのではないでしょうか。だいたい、どこの買取業者も査定だけなら無料でやってくれるので絶対に調べた方が良いです。

こちら

例えば、下取りがタダだと思っていたら、5万円で売れたなどのケースもあるのでよく調べた方が良いと思います。そのお金の新しい車の元手にするのに大事なことだと思います。今の時代ならネットで簡単に調査できるので調べてみましょう。そしてできればお店だけの意見は聞かずに周りの家族や友人にも相談してからどこの買取業者が良いかなど決めたほうがよいと思います。

ディーラーの話

自動車のディーラーの仕事をしている友達がいるので最近の売れ行きを聞くことがあるのですが、不景気の影響もあって、なかなか厳しいようです。そして、10人中9人は値下げをとても迫ってくるようです。

営業の人間としては、もうそういうことは慣れっこなのかなと思いましたが、意外としつこい客もいて、なかなか妥協点を見つけるのに苦労することが多いみたいです。

こちら

稀に高圧的にきて怒って帰ってしまうお客さんもいるそうです。

とても精神的に辛い仕事かもしれませんが彼はその仕事6年も続けています。ある程度、それだけ経験していると本当に車を買うつもりで来ているかそれとも、ほとんど買う気がなくて茶化してきているのかがわかるそうです。

ちなみに最近はこういった不景気な状況もあって、軽自動車やミニバンがとても売れてるらしいです。昔は軽自動車は女性から購入されることが多かったらしいですが、最近はそんなこと関係なく、男女ともに軽自動車を買っていくお客さんが多いということでした。とにかく価格重視といった方が多いようです。

車はボーナスシーズンや年末、あとは新たな環境に変わる新シーズンの3月、4月に売れることが多いらしいです。

こちら



逆に私はそういうことを営業の友達から聞いていたので営業の売上が伸びにくい月を狙って買いに行きました。

営業の人も当然売り上げを伸ばしたいので多少は妥協してくれます。そういったディーラーとの駆け引きも購入の際には大事になってくると思います。

自分が買いに行った時は自分の年齢よりも若干年上の人が相手ではありましたが、感じのいい人だったので砕けた口調で相談しつつ、予算に限界がある旨を伝えたら多少、割り引いてくれました。私が思う交渉のポイントは、あくまで喧嘩ごしにならず、穏便に交渉を進めることが大事だと思います。

ディーラーも売りたいという気持ちは心に絶対あるはずなのでそんなに難しく考えないでもある程度こちらの気持ちも伝えれば多少は値引き交渉に応じてくれます。


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>