後にも先にもこんなに好きになった人はいないかもしれない

後にも先にもこんなに好きになった人はいないかもしれない

彼と初めて対面したのは、いわゆる合コンの席でした。
一目見た時から完璧に私のタイプと合致しており、顔はもちろん声や話し方など、とにかくすべてがどんぴしゃりでした。
普段、絶対に自分からアピールすることなんてない私ですが、今回ばかりは違います。
お酒の力を借りて、彼の連絡先をゲットすることができました。
一方彼はというと、私に興味はなかったようで彼の方からのアプローチは全くありませんでした。

彼の連絡先をゲットしたものの、翌日アルコールが体から抜けてしまうと、すっかり勢いを失ってしまった私は、いつもの弱気な私が顔を出してしまい結局連絡が出来ませんでした。
でも、ずっと彼のことが頭の片隅から離れません。

こちら


一緒に合コンに参加した友達にも、いかに私にとって彼がパーフェクトな存在だったのかを話しまくりました。

私は彼の連絡先を聞きましたが、残念ながら彼から私の連絡先を聞かれることはなかったんです。
友達にこのことを話すと、全く脈がないから諦めた方が良いと言われました。

確かにそうだよね。
告白をしても絶対に振られて傷つくだけだからということで、すっかり彼のことを諦めることにしました。

そんな彼から連絡が来たのは、合コンをしてから1年が経った時でした。
一体どうやって私の連絡先を知ったのかというと、合コンをセッティングしてくれた人を通してということでした。

こちら


電話ではなんだからということで会う約束をしたのですが、天にも昇るような思いとはまさにこのことなのではないかと思ったほどです。

最近になり、私が彼のことをとても気に入っていたということを、この時に合コンに参加していた友達に聞いたそうなんです。
そんなことは全く知らなかった彼は、私に連絡をくれたということでした。
彼からは何も聞かされていませんでしたが、おそらく彼女と別れたばかりとかそんな状況だったのではないでしょうか。
きっと、彼女募集中状態だったからこそ私に連絡をしてきたのだと思います。
でも、それでも良いくらい彼のことが好きだったので、これをきっかけに彼とのお付き合いが始まりました。

こちら


今の旦那とはネットで知り合いました

最初は男性を探すことが目的ではなく、趣味の本について誰か語ることのできる人がいたらいいなぁと思い、SNSに登録しました。同じ趣味の人が何人かいてやり取りをしていたのですが、どうやら皆私に会いたいらしく、ネットは出会い系か、とそのときわかりました。しかし、旦那はネットでだけ、暇なとき話をできたらそれでいいやという考えの人のようで、私にさして興味をもたない部分に惹かれていきました。話も面白いですし、趣味もあう、実際どんな人か知らないものの、面白い人だなぁ、こういう人といろんな話をしてみたいと思いました。
相手も同じだったようで、しかも近所の住んでいることがわかり私のよくいく書店で待ち合わせしました。

こちら

相手もその書店をよく利用しているらしくどこかで会ったことあるかもしれない、と思ったりしていました。
実際に会ってみると穏やかそうな人で、気の強い私と対を成すような人でした。会話もやはり面白く、正直最初は友達程度の関係だろうなと思っていたものの、会うとやはり面白くなんだかんだでどんどん惹かれていき付き合うようになりました。
付き合うようになって三年後、借りているマンションを壊すとかいう話になってしまい、このまままた一人で家を借りるのも面倒だしなぁ、ということで結婚しようかという話になり、そのまま結婚しました。
結婚しても相手は穏やかなままで、しかし趣味である読書はあまりしなくなってしまいましたが、たまにこちらから薦めた本を読んで感想をいってくれるので嬉しいし会話がやはり楽しいので幸せです。


こちら こちら


<<前のページへ